エッグサポートの口コミは嘘?効果の真相は?

エッグサポートの効果的な使い方とは?

エッグサポート

 

エッグサポートを使って妊娠確率をあげる使い方のポイントについて紹介していきたいと思います。

 

エッグサポートの潤滑ゼリーを使うことで、膣内で精子が活発に活動できるためのpH値、粘度そして精子の浸透圧を最適に保つ効果があります。潤滑ゼリーを使わないときよりも精子が元気に動いてくれて寿命が長くなる効果があります。精子の量が少なくなっていたり、動きが鈍くなっていたとしても卵子までたどり着く確率が高くなって妊活をサポートしてくれます。

 

自然な妊娠を望んでいるご夫婦におすすめの潤滑ゼリーと言えます。

 

エッグサポートの使い方

エッグサポートの潤滑ゼリーは1回ずつの使い切りタイプの抗菌スティックで膣内に挿入するタイプのゼリーです。潤滑ゼリーの中には塗るタイプもあるのですが、直接挿入することで衛生的に使用できます。

 

基本的には行為の際に1本使うようにします。その時の濡れ具合や体質によっては2本使うっても問題ありません。コンディションに合わせて痛みのない程度の最適な量を使うようにして下さい。

 

エッグサポートを挿入するタイミングは”性交の直前”に使用するようにして下さい。効果を高めるために”射精の直前に挿入したほうがいいのではないか”とかんがえられる方もいるようですが、研究によって粘度が調整されているので性交の直前が一番効果的に使えるタイミングです。

 

1.容器を袋から取り出す

使い方1

 

1本ずつ抗菌包装されているので、使う時にははじめに袋からとりだします。この時に先端のキャップが外れないように気をつけて下さい。

 

2.先端のキャップを外す

使い方2

 

先端の青色のキャップを外します。キャップの周辺は膣内に挿入される部分なので、できるだけ触れないように清潔に保つようにしましょう。またキャップを外した後は、持つところのピストン部を押すとゼリーが出てきてしまうので気をつけて下さい。

 

3.ピストンを押し出す

使い方3

 

キャップを外した後はゆっくりと膣内に容器を挿入して、ピストンを押してゼリーを注入するだけです。挿入時のポイントとしては、容器の先端から5〜8センチを膣内に挿入します。リラックスできる体勢で力を入れずに挿入するようにしましょう。

 

挿入できたらあとは容器を引き抜くだけです。

 

エッグサポートを使う上での注意点

 

エッグサポートは衛生面に配慮して1本ごとの抗菌包装されています。直接手を触れることなく、雑菌が入らずに膣内に挿入できるため清潔かつ安全性を保つことができます。

 

1本全部だと多いからと言って、次に回すということはしないでください。一度使ってから時間が経ってしまうと雑菌が繁殖してしまうので、次回に使うことはできません。

 

エッグサポートの使い方まとめ

エッグサポートは国産の原料を使用して、安全基準の高い国内で製造されています。デリケートなものだから衛生面の配慮がとても高いのが特徴です。

 

挿入して使うタイプの潤滑ゼリーなので、膣内全体に広がり受精しやすい環境を作ることができます。エッグサポートの使い方は手間が少ないためムードを壊すことなく行為を勧めることができます。上記のような正しい使い方をすることで自然な妊娠の確率を高めることが期待できます。

 

エッグサポート